2007年07月20日

USB-RGBより、DVI対応の「REX-USBDVI」か

REX-USBDVI(ラトックシステム)
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/usbdvi.html

先日の「USB-RGB」と同じ機構のDVI-I対応品。
こいつもPCが頑張れば(CPUがデュアルコア仕様なら)何とかなるという代物。

重量は倍くらい重いものの、搭載チップがDL-160(「USB-RGB」はDL-120)と上位モデルでUXGAまで対応し、最大6個(「USB-RGB」は2個)まで繋げるのが特長か。
DVI-VGA変換アダプタが標準で添付されているのもポイント。


・USB-RGBを追撃:DVI対応のUSBディスプレイアダプタ「REX-USBDVI」――ラトック内覧会 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0707/19/news054.html
・ラトック、UXGA対応のUSB→DVIディスプレイアダプタ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0719/ratoc.htm

posted by hyde at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | └気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。