2006年09月12日

LISMO

http://www.au.kddi.com/service/lismo/

au謹製のポータルソフト。
音楽CD取り込みや着うたフルなど音楽の管理の他、メールやアドレス帳の同期などが可能。

Mac非対応(は仕方ないとして)、Windows XPのみ対応(ユーザー数から見てせめてWindows 2000には対応すべき)。
ファイルが大きい(iTunes以上、60MB超)。
インストール後に再起動が必要。
初っ端から「ん〜。。。」と言った印象。

さらに、初期設定では常駐してくれます。
する必要性を感じないが、オフにできるので問題ない。
タグ情報の入力やデータ転送など、全体的に動作が緩慢。せっかちなのでかなり不満。。。

CDのリッピングだが、HE-AACの48kbpsでのエンコードにしか対応していないのが微妙。
せめてAAC(LC-AAC)128kbpsくらいには対応して欲しいところ。
と言いつつ、携帯音楽はBGM以外で聞かないので、個人的に大きな影響は感じない。

とは言っても、携帯電話の一元管理が電話会社提供のサービス(フリーソフト)として受け取れるのは良い。かなりの好印象。
送受信メールがバックアップできるのが助かる。絵文字とかにも対応している。
窓口まで行っても、場所によってはして貰えなかったりするし。

あと、有料サービスである“着うたフル”のバックアップとしては良いと思う(未利用者なので詳細は不明)。
miniSDのなかったW22SA(古っ)とかでは特に。
ソニーエリクソンのMemoryStick系からの乗り換えにも良さそう。
何より、バックアップのバックアップが取り易い訳で。


しかし、コレを機に、自作kmfファイル配信しているような非常識なサイトが減ればと思ったり。
(auも思ってるんだろうけど)


v3.10(07/03/22)
v3.00(06/12/08)
・AAC、WMA、WAVファイルのインポートに対応──「au Music Port ver.3.0」はここが違う
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0611/16/news087.html
v2.20(06/09/11)
v2.10(06/06/28)
v1.04(06/01/27)
v1.00(06/01/19)
・“iTunes追撃”のライブラリソフト「au Music Port」を試す
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0601/20/news007.html

です。。。



投票ボタン

posted by hyde at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | その他諸々ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LISMO Port を Windows 2000で
Excerpt: 携帯の修理中に LISMO Port 対応機種が借りられたので、入れてみることにしました。ちなみに、本体は W64SA 、名前はサンヨーですが、中身は 悪名高い KYOCERA のハードウェアです。A..
Weblog: 黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition
Tracked: 2009-06-28 13:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。